車遍路モデルコース 3泊4日※モデルコースの日程は目安です

参拝手順

コース概略

幸いなことに、小豆島八十八ヶ所は、札所のほとんどが舗装された道路でつながっており、山門のすぐ近くまで車を乗り付けることができます。自家用車であれば、5日以内で無理なく全ての札所を廻りきることができます。ただし、カーナビで検索できない山岳寺院や地元民しか通られないような狭い路地道がありますので、地図やガイドブックを確かめて安全運転でお参り下さい。
バスでの参拝は、7m以上の大型バスだと、アクセスできない山岳寺院が数多くあります。マイクロバスなら自家用車と同じく、ほとんどの札所にたどり着くことができ、且つ山岳寺院においても駐車場での旋回が可能です。一部山岳寺院において、道幅が狭く、行き違いが難しい場所がありますので、熟練のドライバーさんに案内してもらってください。
車遍路は、歩きや自転車に比べ、体力的には楽ですが、それでも駐車場から本堂まで、鎖や手すりを辿っていかねばならないほどの急坂が続く場合もあります。生半可な観光気分でお参りすると、怪我をしたり、疲れて予定通りの参拝ができない恐れがあります。遍路すなわち修行なりの精神を忘れずに臨んで下さい。

巡拝の手引き

モデルコースは、小豆島霊場総本院をスタートして、また総本院に戻ってくる順番になっています。しかし、到着する港によって、スタート地点は変わってきますので、臨機応変に行程を組んで下さい。また、1日の最後となった札所のすぐ側に必ずしも宿泊施設が存在するとは限りません。最寄りの遍路宿と相談して効率よくお参りください。

※詳しい道程は冊子「おへんろ道案内図」をお買い求めください。

はまや

国民宿舎小豆島