『巡拝者の声』 

 丸山大師講は今年で百十三周年となるが、講の名称の由来である丸山公園内には明治の終わりから大正の初めにかけて造られた四国八十八ヶ所霊場と西国三十三ヶ所霊場のお砂踏み場、さらには小豆島八十八ヶ所霊場のも造られている。四国霊場、西国霊場、小豆島霊場の三つのミニ霊場が一ヶ所にまとまっているのは全国でも類を見ない。この丸山霊場を多くの人に参拝してもらうためにはどのようなアピールが必要なのか。日々、講員の仲間たちと考えをめぐらしている。
 一方、四国霊場は外国人による歩き遍路が年々と増加傾向にある。最近では海外メディアもお遍路に注目している。インターネットの普及が大きいようで、お遍路の体験談がブログやホームページに公開されることで外国人のお遍路に対する興味が急速に高まっている。それでは小豆島霊場はどうなのか。外国人遍路もほとんどなく、むしろ減少傾向にある。しかしながら、小豆島霊場には四国霊場にあまり見られない洞窟霊場や鎖場があり、暗闇の中で厳修する護摩祈祷や、急斜面の岩肌を鉄の鎖を持ってよじ登る岩登りは非日常的な体験となる。また、オリーブや素麺、佃煮、醤油、そしてごま油など小豆島で作られている食文化を見学・体験もできる。この存分なポテンシャルを世界に向けて情報発信していけば小豆島遍路の活性化は決して難しいことではない。
 早いもので小豆島に参拝して、今年で五十五年以上の歳月が経過した。最近は「世界平和」を願いつつ参拝しているが、小豆島霊場は日本だけでなく、世界にアピールできる大きな魅力と吸引力を持っているものと固く信じている。 丸山大師講会長 安藤哲信様    (霊場新聞「遍照」第170号より抜粋)


敬禮三宝 謹賀新年

謹んで新年のお慶び申し上げます。
本年平成28年六十干支は丙申。天の気の丙(火の兄=ひのえ)は火の気、地の気は申の金の気。天地の相性は火と金の火剋金。火は金を溶かしてしまうとし、剋され余り良くない。また二黒土星の年。二黒の土は、一白の水を含み、九紫の火で温められ、柔軟性があり粘り強く、適度に温められ色々な物を産み育てる母なる大地とし、何事にも動揺せず全ての物を受け入れ支え「万物は土より出でて土に復」仏の慈愛もまた同じ、深く深く浸み入る恵み。あまりにも大きな恵に体感すら出来ず、過ぎ流して居ないか。仏が一切衆生に贈り続けている慈悲という光。これを御蔭といい、おかげ様と言うのは常に「かげ」と成って居て目に見えない。各々の持つ仏心にしか感じ得ることが出来ない。摩訶不思議。
 正しい知恵を持ち、自分の事と考え他の生きとし生けるものの幸せをもたらし、自身の為に仏性の実践を行おうとする心。仏に向かおうとする心を菩提心と言い、その心を発す事が第一の出発点であるとする。

「オン ボウジ シッタ ボダハダヤミ」

仏と行者の一体観、入我我入し、一切衆生は本来、仏で有るとの教えから自心の仏性を開花させるとする。

「オン サンマヤ サトバン」

この意を以て説かれる御真言を唱えたならば既に、具現し仏果と繋がり、厚く蔽った雲を祓い本有の仏身の存在に気付くことでしょう。
 弘仁5年大師御開創、江戸初期17世紀後半には小豆島霊場が成立していたとみられ、昭和11年3月1日発行の小豆郡誌第1続編には、「大正2年郡保護ノ下ニ霊場会ヲ組織シ各官衙寺院町村等郡内各機関ノ総動員ニテ其ノ発展ニ努メ来リシ・・・。」云々とあり、小豆島霊場会としても103年を迎えます。移り変わる時代の中、法灯連綿として大師の教えを説き導かれ御蔭を頂きながら今日が有り、明日に繋げ御仏との縁を結縁を尊び、逆打ちの功徳も伝えられる中、更に大きく広く潤いの有る年で有ります様願い、霊場興隆、巡拝者の講中安全、無魔成満を厚く祈念致します。
 霊場寺院諸大徳様、霊場協会会員様、公認団体地区委員様、各団体先達様、島内外の関係者の皆様、これまで以上に御指導、御協力の程、宜しく御願い申し上げます。
                                      合掌

                       小豆島霊場会 会長
                        第72番 瀧湖寺住職  宮田和生 
                                  


島の僧侶と行く 平成28年小豆島八十八ヶ所霊場参り

小豆島土庄港の旭屋旅館が、平成28年1月から11月までの全6回で小豆島八十八ヶ所霊場を巡るバス巡拝ツアーを企画しております。
小豆島霊場の僧侶が先達となり、各回に護摩や瞑想、写経等が組み込まれております。
詳細・お問い合わせは以下の旭屋HPにて。
旭屋HP www.asahiya.org/



報恩巡拝

第16番 極楽寺


報恩巡拝は、霊場寺院の住職や寺族が、各お寺の本尊にその感謝の御礼参りをする行事です。

小豆島霊場を参拝されるお遍路さんは、1月の霊場開きから5月のゴールデンウィークまでが特に多く、そうしたお遍路シーズンが一段落した頃、報恩巡拝をします。
今年は6月3日に行いました。


ふれあい徒歩大巡行に行ってきました

遠方に見えるのはエンジェルロード


炎天下の日差しの中、第32回ふれあい徒歩大巡行に行ってきました。

私の担当するのは池田の保安時から中山経由で肥土山の多聞寺まで歩く、総延長15kmの第8コース。参加者は32名でした。
参加人数は多いときで50名を越えることもありますが、20〜30名くらいが統率がとれて目の行き届くちょうど良い人数だと思います。今回はちょうど良い感じでした。