但丹地区大師伝道スクール

第十六番極楽寺 小林正尚
小豆島霊場会主催の大師伝道スクールは平成四年から開催され、今回で20回目の開催。
但丹地区では九年ぶり、日高文化体育館に於いては一六年ぶりとのこと。
昨年より小豆島霊場会当局の顔ぶれは一新し、現当局では初めての伝道スクール開催となりました。
前日の午後一時から霊場会当局一同、霊場協会会員、但丹地区団体長・先達様の協力を得て、お砂踏み会場
並びにメイン会場の弘法大師ご宝前を荘厳し、準備を整えました。
当日は雨天にも拘わらず約三300名のご参加をいただきました。霊場会当局のフレッシュな顔ぶれが皆様方に
受け入れられたのか、会場は穏やかで有難い空気に包まれ、無事に全日程を成満いたしました。
お砂踏みでお供えいただいた浄財の一部を地元の社会福祉協議会様にご寄進させていただきましたことご報告
させていただきます。この度の大師伝道スクール開催に際し但丹地区、日章会水田会長様をはじめ各団体長、先達様には
ご協力を賜り誠に有難うございました。感謝御礼申し上げます。
大師伝道スクールのプログラムは次のとおりです。

「大師伝道スクール」
◎プログラム
総合司会 長浜長勝寺 土山悠勝師
10時~  開講挨拶   霊場会長 歓喜寺 河野宏宜師
10時20分~(40分) 法話①  
『令和』 歓喜寺 河野宏宜師
11時10分~(40分) 法話②  
『施しの修行』 極楽寺 小林正尚師
(昼食・休憩)
12時50分~(40分) 法話③  
『我は大師と二人連れなり』 多聞寺 藤本佳鳳師
13時40分~(30分) 法話④  
『あなたの命は二人分』 宝生院 高橋寿明師
14時10分~(30分) 法話⑤  
『ほとけさまとかみさまのおかげのいただきかた』 誓願寺 関口慈蘊師
14時40分~(15分) 霊場協会員紹介 小豆島フェリー
                             旭屋旅館
15時~(30分)    先祖供養
          閉講式  副会長挨拶
               地区委員長挨拶
15時30分 閉会
   (遍照第172号より抜粋)



ふれあい徒歩大巡行

 恒例のふれあい徒歩大巡行が上記の日程にて開催され、のべ二六七名が霊場の各札所を巡拝しました。
 昨年までは春秋の二回、各々八コースを巡っていましたが、今年から大幅にリニューアル。二月から毎月の四回、各コースの行程はそのまま、二コースずつの開催となりました。
 八コースでの開催のためには先達を務める霊場寺院の正副住職が最低八人は必要なのですが、日曜開催ということで自坊の法務が入ることも多いですし、そもそも体力的に歩き遍路は無理だという方もいらっしゃって、毎回全コースに寺院先達をつけるのが難しく、同様に全コースの伴走車・送迎バスを確保することも難しくなってきた状況がありました。
 また以前より参加者からは、年に二回欠かさず参加しても全コースを満願するには四年かかるので、もう少し早く巡れるようにしてくれないだろうかという要望もあって、この度の変更となった訳です。
 さて、今回私が先達として参加したのは五月十二日開催の保安寺出発の⑧コース。四十名超の参加があり、私と誓願寺・長浜長勝寺の寺院住職三人で先達を務めました。
 どのコースにも一か所は難所が入るよう設定されていますが、このコースは最初がいきなり難所です。保安寺脇からの険しい山道を仏谷山目指して登って行きます。仏谷山に辿り着くと洞内にて住職がお出迎え、護摩行とご法話をいただきました。小休憩の後は、次の西の滝を目指して再び山道に入っていきます。
西の滝を参った後は、山を下って林庵・松風庵・光明寺・釈迦堂と打って、明王寺にて昼食。食事をとり、しっかり英気を養って、午後からは一路、地蔵寺堂・浄土寺に向かって峠を越えていきます。浄土寺の後は、湯舟山そして栂尾山へ。小豆島霊場の特色の一つとして、岩場や洞窟等に在る山岳霊場が挙げられますが、このコースでは午前の仏谷山・西の滝に加え、この二ヶ所、計四ヶ所の山岳霊場を巡ることになります。栂尾山から毘沙門堂へと下り、さらに下って多聞寺にて本日最後のお勤めをして打ち止め。
 途中伴走車に乗る方もいましたが、皆怪我なく無事に遍路行を終えることが出来ました。そして今回は先達が三人いる強み、一人だと常に先頭を歩きながら全体にも目を配らなければなりませんが、途中先頭を交代しつつ、余裕をもって参加者に話をしたり、聞いたりと、名の通り「ふれあい」の徒歩大巡行となったと思います。
 松林寺 長谷川恵淳  (遍照第172号より抜粋)



先達教師講習会

第69回 先達教師講習会
令和元年6月25日(火)・26日(水) 於 旭屋旅館
毎年、小豆島において開催している「先達教師講習会」が、6月25日・26日に旭屋旅館を会場に、1泊2日の日程で開催されました。
今回は55名の先達さんにご参加いただき、参加された皆さんは講師の方々のお話を熱心に耳を傾け、メモを取りながら受講されていました。
2日目の朝には歩き遍路行を行いました。受講者の皆さまと歩きながら様々な話をさせていただき、各札所でお唱えした般若心経は大変心地のいいものでした。
また、前回に引き続き今年度も特別講習を企画しました。今回の特別講習は「小豆島のオリーブを使った腕輪念珠の作成」でした。参加した皆さんに数種類の天然石の中から親玉と天玉を自分で選んでいただき、オリーブの念珠玉との配列のバランスを各々が試行錯誤しながら、最後にひもを通して自分だけの念珠を作成してもらいました。作成した念珠は先達物故者供養の際に開眼し、最後に皆様にお渡し致しました。
今後も色々と創意工夫して講習会を開催していきたいと思っていますので、先達の皆さまお誘い合せて、来年度の講習会に参加していただきたいと思います。
【プログラム】
6月25日(火曜日)(13時00分~17時30分)
・受付(旭屋旅館)司会 常務 長浜長勝寺 土山悠勝 師
・開講式(御法楽・霊場会長挨拶・記念撮影)
・講習①「梵字」       歓喜寺 河野宏宜 師
・講習②「小豆島霊場御詠歌」 多聞寺 藤本佳鳳 師
・講習③「南無大師遍照金剛」 極楽寺 小林正尚 師
・得度式 霊場会授戒道場(17時30分~18時30分)
  令和元年度得度者  六名

6月26日(水曜日)(6時30分~12時00分)
・講習④「遍路行(総本院・松風庵・西光寺)」歓喜寺・多聞寺・長浜長勝寺
・講習⑤「念珠所作」     誓願寺 関口慈蘊 師
・講習⑥「特別講習 念珠作成」宝生院 高橋寿明 師 高橋 奈々 氏
・講習⑥「小豆島霊場豆知識」 常光寺副 大林慈空 師
・先達物故者供養
・閉講式(受講証授与・会長挨拶)
                                 以上 (遍照第172号より抜粋)


令和の時代を迎えて思う

令和の時代を迎えて思う

小豆島霊場会会長  歓喜寺 河野宏宜

 新しい元号が平成三十年四 月一日に決まり五月一日から「平成」の時代から「令和」の時代に元号が変わりましたが皆さんは何を思い、何を感じたでしょうか。 新しい元号の「令和」は、六四五年の「大化」から始まり二四八個目の元号であります。元号の歴史と天皇の歴史は重なっていますが、実は天皇の歴史のほうが長く、初代天皇の神武天皇から三十六代の孝徳天皇の間には元号は存在していませんでした。また、昔には元号が変わるのは天皇の交代のみではなく、疫病や旱魃、地震、津波などの天変地異が続いたり、内乱がつづいた時などに、これを嫌って改元されることはしばしばありました。 ただ、明治時代以降は天皇一代一元の代始改元に定められています。いずれにしても、今も昔もいつの時代の元号を考えるときには、鎮護国家をはじめ国民の幸せを考えて元号を決めてきたことに変わりはないと思います。 弘法大師空海も中国から帰朝して、弘仁の時代の嵯峨天皇の時に聖朝安穏・天下泰平のための祈祷を高雄山寺にてご祈祷しています。
 小豆島霊場会も新しい令和の時代を迎えて、鎮護国家・五穀豊穣・世界平和をはじめ小豆島霊場を巡拝する人々の幸せを祈念して、令和元年の十月二十二日の今上天皇「即位礼正殿の儀」に合わせて、祈願法要を執り行いと思っています。
 まずは、皆さまにとって、令和の時代が平和で幸多き時代になりますことを小豆島よりご祈念いたします。

    合 掌
(遍照第172号より抜粋)


遍路道整備

遍路道整備の様子


今まで長年にわたり、島内有志の方々がほとんどボランティアで山道の草刈りから手すりの設置、足場の補強など遍路道保持のため活動していただいていたが、有志の方々の高齢化などに伴い活動が難しくなってきていました。これらの徒歩の遍路道は小豆島の大切な財産であり、歩き遍路には欠かせないものであります。
そこで、霊場会所属のすべての寺院に遍路道整備の依頼をし、12月26日に遍路道の整備を行いました。今回は堀越庵から田ノ浦庵までの馬立ち峠と薬師庵から風穴庵までの山道の整備をしました。今年は災害も多く、台風もたくさん通過したので倒木や落石が目立ちましたが参加寺院の方々が寒空の下、一生懸命汗を流しながら遍路道の整備に励みました。その甲斐あって、見違えるほどに綺麗に整備していただきました。出仕いただいたご寺院様ありがとうございました。
出仕寺院は以下の通り。
坂手観音寺、明王寺、池田長勝寺、歓喜寺2人、誓願寺、松林寺、常光寺副住職、多聞寺、宝生院、長浜長勝寺、事務局寺尾龍英(敬称略)